ポイント貯まる!これは、お得!「楽天市場で2000円分プレゼント」

2006年02月22日

伊賀崎俊

毎日、毎日 ネットに繋がっているPCに向かっているので
メルマガやらネットサーフィンが私のお仕事の一部か?と
錯覚してしまうほどです(← いけない見本みたいな会社員です)
今回は、たまたま受信したメルマガの記事にジーン(´;ェ;`)と
したので、皆様にもお裾分けです。

今時、なかなかこんな人いないよねーとか簡単に言っちゃいがちだし
私もそんな勇気だせるか・・・って言われると困っちゃいます。
でも、やっぱり世の中ってすてたもんじゃないんだろうなーとも
漠然と信じられるんです。
こういう話を聞くと特に(^-^*)(..*)ウンウン

---------------------引用した部分です-----------------------


勇気の物語  ホーム転落「俺が助ける」
  〜読売新聞2004年1月3日付け関西版掲載の連載記事より〜


 財貨を失うのはいくらかを失うことだ、名誉を失うのは多くを失う
ことだ、勇気を失うのは、すべてを失うことだ。そんな言葉がある。
社会が、人が委縮し、無力感さえ漂う時代。だからこそ、勇気を奮い
起こしたい。命を賭(と)して立ち向かう、新たに事を起こす、静か
に信念を貫く――。
続きを読む

blogランキングへポチッと1票
posted by まぷー at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいヒト

2006年02月21日

佐藤富雄

佐藤富雄01.jpg佐藤富雄02.jpg佐藤富雄03.jpg

お友達のMちゃんにタイミングよく誘ってもらえて
佐藤富雄さんの講演会に去年のクリスマスシーズンに行ってきました。
クリスマスVerなのか、登場した彼の髪の毛は、
小豆色のような赤色で・・・お茶目なおじいちゃん!って
感じでした。話し方もかなりおもしろくて漫談聞いてるみたい(笑。

佐藤富雄さんは、口ぐせ博士としても有名ですし、
最近 やたらに若い女性にも本が売れてますよね。
そいでもって、元銀ホスの蝶々さんと共著で本を
出したことも拍車をかけてか、ものごっつい印税みたい(笑
使いきれないほどの印税!(言ったもん勝ち?! 笑)
だそうですよ〜(⌒▽⌒)
続きを読む

blogランキングへポチッと1票
posted by まぷー at 17:00 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | おいしいヒト

2005年12月18日

岩合光昭

世界的な動物写真家、岩合光昭さんのトークショーに
行ってきました。

「The South's Gentle Song / 南アフリカが奏でる、いのちの讃歌。」
というテーマでオリンパスギャラリーで写真展が開かれていて、
その写真について、岩合さんが説明していくというスタイルの
トークショーでした。

意外に小柄でちょっとかわいらしい感じの方でした。
続きを読む

blogランキングへポチッと1票
posted by まぷー at 20:31 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいヒト

2005年11月16日

k.m.p.

最初に知ったのは旅行ものの本、、、マンガ?ででした。
ムラマツエリコさんとなかがわみどりさんのユニット
k.m.p.の絵と文字が織り成す本は
本当に“ぐるぐる”していて
ちょっと気を許した隙に私もその“ぐるぐる”の渦に
はまっちゃったみたいわーい(嬉しい顔)
K(カネ)M(儲け)P(プロジェクト)だけど、、、
続きを読む

blogランキングへポチッと1票
posted by まぷー at 10:59 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいヒト

2005年10月24日

アルバート・アインシュタイン

土曜日にあるセミナーに行ってきました。
そこで、あのあっかんべーをしている写真で有名な、、
違いますね(v_v
相対性理論で有名な人です(/・ω・)/
そこで、アルバート・アインシュタインが残したメッセージを紹介されました。
とても感動しました。みなさまにもご紹介します。
1922年に一度だけ来日して(大正11年11月16日)40日間滞日したそうです。

『近代日本の発展ほど世界を驚かしたものはない。
その驚異的発展には他の国と違った何者かがなくてはならない。
果たせるかな、この国の歴史がそれである。
この長い歴史を通じて、一系の天皇を戴いてきた、
という比類ない国体を有することが、それこそ今日の日本をあらしめたのである。
私はいつもこの広い世界のどこかに、
一カ所くらいはこのようように尊い国がなくてはならないと考えていた。
なぜならば世界は進むだけ進んで、その間、幾度も戦争を繰り返したが、
最後には、闘争に疲れる時が来るであろう。
この時人類は、必ず真の平和を求めて、世界の盟主を挙げねばならぬ時が来るに違いない。
その盟主こそは、武力や金の力ではなく、あらゆる国の歴史を超越した、世界で最も古く、
かつ尊い家柄でなくてはならない。世界の文化は、アジアに始まって、アジアに帰る。
それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。
我々は神に感謝する。神が我々人類に日本という国をつくっておいてくれたことを。』

blogランキングへポチッと1票
posted by まぷー at 16:31 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | おいしいヒト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。