ポイント貯まる!これは、お得!「楽天市場で2000円分プレゼント」

2005年11月01日

いつも旅のなか

直木賞を受賞した『対岸の彼女』を書いた作家としての
イメージが強かったので、結構強烈な旅行記なのかな、、、と
思いつつ読んでみました。
そしたら、意外や意外 かなり柔軟性のありそうな
自己主張の強くない旅行記でした。
彼女が各国を旅行して印象に残ったエピソードが10ページ程度ずつ、、
21カ国にわたって書いてありました。
本の中でおもしろいなって思ったのが
自分のことをとことん、団体旅行向きの人間であると言いつつ
今までの旅のスタイルが航空券だけをとって現地で宿を探す
バックパッカースタイルだということ。
一番最初にやり始めたことが自分向きじゃなくても、
2回目、3回目も同じようなスタイルを続けてしまう
ってことよくありますもんね。
それでも、2回目、3回目はもっと上手に楽しめてたり
しますよね。

いつも旅のなか
角田光代 著 アクセス・パブリッシング ¥1575


blogランキングへポチッと1票




posted by まぷー at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

このコメントを非公開にする事は出来ません:
公開
ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8772367
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。