ポイント貯まる!これは、お得!「楽天市場で2000円分プレゼント」

2006年02月21日

佐藤富雄

佐藤富雄01.jpg佐藤富雄02.jpg佐藤富雄03.jpg

お友達のMちゃんにタイミングよく誘ってもらえて
佐藤富雄さんの講演会に去年のクリスマスシーズンに行ってきました。
クリスマスVerなのか、登場した彼の髪の毛は、
小豆色のような赤色で・・・お茶目なおじいちゃん!って
感じでした。話し方もかなりおもしろくて漫談聞いてるみたい(笑。

佐藤富雄さんは、口ぐせ博士としても有名ですし、
最近 やたらに若い女性にも本が売れてますよね。
そいでもって、元銀ホスの蝶々さんと共著で本を
出したことも拍車をかけてか、ものごっつい印税みたい(笑
使いきれないほどの印税!(言ったもん勝ち?! 笑)
だそうですよ〜(⌒▽⌒)
そういう言霊信仰系(勝手に名づけた)の本には
「ありがとう」を毎日100回言いつづければいいとか
「うれしい」を連呼すれば毎日楽しくなるっていうような事が書いてあって
納得しきれないまま、呪文のようにトナエテル方もきっと
おおいんでしょうね〜。
そういう言霊信仰を科学的に説明しているのが佐藤富雄さんです。

その科学的理屈を再度 きちんと説明しろ・・・って言われると
面倒くさいので(笑)、要は
「人は考えてるようにしか行動しないし、考えてるようにしか発言をしない」
ってことみたいです。(←要約しすぎ)

このblogを存てる方は、目の前にPCがあるということなので、
PCを例にとってみましょう♪
Q)デスクトップ上にある「マイ ネットワーク」というアイコンを
  探してください。
A)特別な設定をしていなければ普通はデスクトップにあります。

・・・・→ここでポイントとなるのが
*普段から意識してるので、すぐそのアイコンを存つけられた。
*初めて そのアイコンの存在に気付いた
*あるはずだけど、結局みつからなかった(本当にないのかもしれないけど)。

つまりは、目に見えているものは「見ようとしているものだけ」って
ことです。存在していないわけじゃなくて。
常日頃から幸せ者の私は「世の中には自分より優しい人が多い」と
思っている(言っている)から、周りに優しい人が多いのかも。
それと同じように「でも、世の中にはバカちんも多いな・・・」と
思っている(言っている)から、周りにバカちんが多く見えているのかも・・・(笑
話の中で富雄さんは
『「私の周りにはイイ男がいっぱいいる」って言っていれば
イイ男が視界に入ってくるんですよ〜』
って笑ってました。
言ってみて損はないよね(〃 ̄ω ̄〃ゞ エヘヘ

これは、結局 アメリカからやってきた理論本の言葉を使えばパラダイムシフトを
しろってことになりますかねexclamation&question

それから、富雄さんの話していた内容で「あっ、そっか!」って思えたのが
『いっつも自分は人を褒めてるのに、相手は褒めてくれない!なんて不満に思う必要も
ないんですよ。』
って台詞です。

「言葉は主語を認識しない」(←言霊信仰系では基本中の基本)という理屈なので
「Aちゃんっていつもキレイね」「Bさんってオシャレねー」って人をいつも
褒めていれば、相手だけじゃなくて自分自身にその言葉がけをしていることに
なるから、劇団の特訓みたいに鏡に向かって「私はキレイ」と唱える必要もなくなる
ってな寸法らしいです。

何事も言葉にするとこんなに簡単なのに、世の中にはなんとネガティブな
言葉が溢れていることか・・・。
「ありがとう」の一言で笑顔が見られるのにねぴかぴか(新しい)

blogランキングへポチッと1票




posted by まぷー at 17:00 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | おいしいヒト
この記事へのコメント
はじめまして♪
TBありがとうございます(^。^)

とても楽しいHPですね♪
また遊びに来させてもらいますね(^。−)☆
こちらにもまた遊びに来てくださいね☆
Posted by 梨璃ママ at 2006年02月21日 22:08
佐藤富雄さんの『愛されてお金持ちになる魔法の体』の本を読みました。
その後、しばらくは、ウォーキングしていましたが・・・。
継続って大事ですよね。
また、読んでみよう!と思ってます。
遊びにきますので、どうぞよろしく。 
Posted by ライラック大好き at 2006年02月22日 05:01
メッセージをありがとうございます。
私は、もう1冊、佐藤富雄さんの本を読んだことがあります。
『愛されてお金持ちになる魔法の体』です。
読んだあとは、ウォーキングをしていましたが・・・。
また、読んでみようと思ってます。
また、お邪魔しますね。
Posted by ライラック大好き at 2006年02月22日 05:19
コメントを書く
お名前:

このコメントを非公開にする事は出来ません:
公開
ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。