ポイント貯まる!これは、お得!「楽天市場で2000円分プレゼント」

2005年12月03日

ラウラの日記

raura.jpg

ラウラという名前の女の子が書いた日記の本。
何気なく本を手に取ってみたら、字がでかい!
あれ??
あれれれ??
これ、児童書だぁ〜。
うーん、オトナの本じゃありませんでした(笑
でも、パラパラとめくって読み進めてみましたよ。
たまには、いいよね・・・かわいい

日本の学校では日本国籍以外の子がクラスメイトにいることって少ない。
でも、このラウラの学校ではびっくりするほどの多種多様な人種・国籍の子達がいて
その中で仲のいい友達をつくったり、喧嘩したりという日常を送ってる。
仲がいいとか、価値観が合うとかって自分と相手が
同じ人種
同じ国籍
同じ歳
とかってこととは全く関係ないんだよね。
ラウラは日々の生活の中でその真理に気付いているようです。

ラウラの日記
ピウミーニ,ロベルト 著 さ・え・ら書房 ¥1400

blogランキングへポチッと1票




posted by まぷー at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

このコメントを非公開にする事は出来ません:
公開
ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。